TOP > サポート > 利用ガイド > 2章-2 貸与ノートパソコン ウィルス対策ソフトのパターンファイルの更新(LiveUpdate)

貸与ノートパソコンの使い方 応用編
ウィルス対策ソフトのパターンファイルの更新(LiveUpdate)

貸与ノートパソコンにはコンピュータウィルスの感染を防ぐためにウィルス対策ソフトがインストールされています。しかし、「ウィルスパターンファイル」を更新しなければ最新のウィルスには対応できません。

ウィルスパターンファイルを常に最新の状態に保つことで、コンピュータがウィルスに感染したり、不正なアクセスを受けたりする危険性を減らすことができます。

ウィルスパターンファイル更新の手順について説明します。ウィルスパターンファイルは常に最新版が公開されていますので、最低でも週一回のペースで各自定期的に更新を行ってください。

LiveUpdateとは

貸与ノートパソコンにインストールされているウィルス対策ソフトの「パターンファイル」を、インターネットを通じて最新にする機能です。

  1. LiveUpdateの実施方法
  2. ウィルス対策ソフトの定時スキャン設定方法

1.LiveUpdateの実施方法

貸与ノートパソコンにインストールされているウィルス対策ソフトはネットワーク(学内LAN、インターネット)に接続されていれば自動更新する設定になっています。

しかし、その貸与ノートパソコンが長い間ネットワークに接続されていないとパターンファイルは古いままになってしまい、ウィルスに感染する危険性が高まります。

貸与ノートパソコンは、定期的にネットワークに接続するように心がけてください。

長い間貸与ノートパソコンをネットワークに接続しなかった場合は、早急にパターンファイルの更新を行う必要があります。貸与ノートパソコンをネットワークに接続して、手動でLive Updateを行ってください。LiveUpdateを手動で行う場合の手順は以下を参照してください。

【手動更新手順】

1.貸与ノートパソコンを学内LANもしくはインターネットに接続します。

2.画面右下の「Symantec Endpoint Protection」のアイコンをダブルクリックします。

3-2-38.png

3.「LiveUpdate」ボタンをクリックします。

3-2-39.png

4.インターネットを通じて最新のパターンファイルがダウンロードされます。その後、パターンファイルの更新が自動で進みます。
※パターンファイルの更新に時間が掛かる場合がありますが、完了するまでお待ちください。

3-2-40.png

5.更新が完了すると、「LiveUpdate セッションが完了しました。」と表示されます。更新の完了後は「閉じる」ボタンをクリックしてください。

3-2-41.png

以上でパターンファイルの手動更新作業は終了です。

2.ウィルス対策ソフトの定時スキャン設定方法

一般的に、ウィルス対策ソフトは、特定の時間になると自動的にウィルスがパソコン内部に潜んでいないかを調査する「定時スキャン」の機能を持っています。貸与ノートパソコンにインストールされているウィルス対策ソフトは、初期設定で定時スキャンが無効になっています。

ウィルス感染を防ぐために、各自で必ず定時スキャンの設定を行ってください。

なお、定時スキャンの実行中はパソコンの動作が極端に遅くなる場合があります。授業中などに定時スキャンが実行されないように設定することを推奨します。

【定時スキャンの設定手順】

1.画面右下の「Symantec Endpoint Protection」のアイコンをダブルクリックします。

3-2-42.png

2.メインメニューが表示されます。「脅威のスキャン」をクリックします。

3-2-43.png

3.下記の画面が表示されます。
「新しいスキャンの作成」をクリックします。

3-2-44.png

4.下記画面が表示されます。「アクティブスキャン」のラジオボタンにチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリックします。

3-2-45.png

5.下記画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

3-2-46.png

6.下記画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

3-2-47.png

7.下記画面が表示されます。「日単位」のラジオボタンにチェックが入っていることを確認して、「時刻」に定時スキャンを実行したい時刻を入力します。
※定時スキャンの実行中はパソコンの動作が極端に遅くなる場合があります。授業中などに定時スキャンが実行されないように「時刻」を設定することを推奨します。

3-2-48.png

8.下記画面が表示されます。
「スキャン名」の変更後、「スキャンを有効にする」のチェックボックスにチェックが入っていることを確認して、「完了」をクリックします。
※「スキャン名」の変更は必須ではありません。変更する場合はご自身でわかりやすい名前を入力してください。

3-2-49.png

9.下記画面が表示されます。「新しいスキャン0」が作成されていることを確認します。
※手順8で「スキャン名」を入力した場合は、入力したスキャン名で表示されます。

3-2-50.png

以上で設定変更作業は終了です。

【定時スキャンの時刻変更方法】

下記の手順で、定時スキャンの実行時刻を変更することができます。

1.画面右下の「Symantec Endpoint Protection」のアイコンをダブルクリックします。

3-2-51.png

2.メインメニューが表示されます。「脅威のスキャン」をクリックします。

3-2-52.png

3.下記の画面が表示されます。
実行時刻を変更したい定時スキャンの「スキャン名」をダブルクリックします。

3-2-53.png

4.下記画面が表示されます。「スキャンスケジュール」タブをクリックして、「スキャンスケジュール」の「時刻」を変更して、「OK」をクリックします。

3-2-54.png

以上で設定変更作業は終了です。

利用ガイド

ソフトウェアの移行について

利用ガイド

出席管理システム

Q&A

困った時はeduサポート窓口へ

貸与ノートパソコンのリカバリー後の作業について

授業支援システム

教職員サイトへ

イメージ画像

PAGETOP