TOP > サービス一覧 > 貸与ノートパソコンのリカバリー後の作業

貸与ノートパソコンのリカバリー後の作業について

貸与ノートパソコンをリカバリーされた方は、以下の作業を行ってください。

※「オンデマンドプリンタの利用」については、ご利用状況に応じてあらかじめ作業を実施しておくことをお勧めします。
※「VPNサービスの利用」については、ご利用状況に応じてあらかじめ学外から接続テストを実施しておくことをお勧めします。

理工系学部貸与ノートパソコンのリカバリー後の作業

Windows 、Office のセキュリティ対策(Windows Update)

インターネットを通じてWindowsおよびOfficeを最新の状態に更新する機能です。主にWindowsおよびOfficeの脆弱性(セキュリティ上の問題)を修正するための更新プログラムや、その他更新プログラム、追加機能がマイクロソフト社より提供されています。
以下のページより「2.手動で更新する場合の手順」を行ってください。

「Windows 、Office のセキュリティ対策(Windows Update)」

ウィルス対策ソフトのパターンファイルの更新(LiveUpdate)

貸与ノートパソコンにはコンピュータウィルスの感染を防ぐためにウィルス対策ソフトがインストールされています。しかし、「ウィルスパターンファイル」を更新しなければ最新のウィルスには対応できません。
以下のページより「1.LiveUpdateの実施方法」を行ってください。

「ウィルス対策ソフトのパターンファイルの更新(LiveUpdate)」

オンデマンドプリンタの利用

オンデマンドプリンタを利用する方は、以下のページをご参照ください。

「ノートパソコンからの印刷」

VPNサービスの利用

VPNとは、インターネットを経由して学外(ユーザーの自宅など)と大学のネットワークを接続し、学内と同様のネットワーク環境を提供するサービスのことです。
学外から大学のネットワークに接続をする方は、「AnyConnect接続」をご利用ください。

※年度途中で、「AnyConnect接続」のソフトウェアが更新されることがあります。
更新後の初回ログオン時において、「AnyConnect接続」ソフトウェアの更新が自動的に行われます。

VPNサービスの利用方法については、以下のページより「VPNサービス」をご参照ください。
※貸与ノートパソコンには、あらかじめ学内への接続設定がされていますので設定は不要です。

「全学ネットワークシステムユーザー支援WEBサイト」

利用ガイド

ソフトウェアの移行について

利用ガイド

出席管理システム

Q&A

困った時はeduサポート窓口へ

貸与ノートパソコンのリカバリー後の作業について

授業支援システム

教職員サイトへ

イメージ画像

PAGETOP