【重要】ランサムウエア "WannaCrypt" に関する注意喚起

2017年5月12日ごろより世界中で "WannaCrypt" などと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられています。

2017年3月15日に脆弱性の修正プログラム「MS17-010」が公表されました。
2017年3月15日以降「Windows Update」を実施していない方は、ウイルス感染や感染後の拡大を防ぐために「Windows Update」を実施し、セキュリティ更新プログラムを早急に適用してください。

また、感染防止策として以下も実施してください。
 1.インストールされたソフトウエアを最新版にアップデート。
 2.ウィルス対策ソフトウェアの定義ファイルを更新。

ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被害が発生する可能性があります。

(以下、IPA情報処理推進機構より)
※ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語です。感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、このような不正プログラムをランサムウェアと呼んでいます。

JPCERT/CC

「ランサムウエア "WannaCrypt" に関する注意喚起」

IPA情報処理推進機構

「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について」

利用ガイド

ソフトウェアの移行について

利用ガイド

出席管理システム

Q&A

困った時はeduサポート窓口へ

授業支援システム

教職員サイトへ

イメージ画像

PAGETOP