【重要】edu2015貸与ノートパソコン(Lenovo ThinkPad X240、X250)「BIOSアップデート」のお知らせ

edu2015貸与ノートパソコン(Lenovo ThinkPad X240、X250)の貸与を受けている方へ

Lenovo ThinkPad X240、X250(以下X240、X250)について、脆弱性が公表されました。

「System Management Mode (SMM) BIOS の脆弱性」

X240、X250をご利用の方は、以下「BIOS アップデートユーティリティ」を実行し、最新のBIOSへアップデートしてください。
なお、X250のノートパソコンをご利用されている方は、「急に電源が入らなくなる」という不具合が発生する場合があるため、その対策としても必ずBIOSのアップデートを実施してください。

BIOS アップデートユーティリティ

ThinkPad X240:
「BIOS アップデートユーティリティ (Windows 10 64bit/ 8.1 64bit/ 7 32bit, 64bit) - ThinkPad X240」

ThinkPad X250:
「BIOS アップデートユーティリティ (Windows 10 64bit/ 8.1 64bit/ 7 32bit, 64bit) - ThinkPad X250」

BIOSアップデート手順

※アップデートを行う場合は必ず電源アダプタを接続した状態で行ってください。
また、外部接続機器(USBメモリやUSBマウスなど)は外した状態で行ってください。

①「BIOS アップデートユーティリティ」をダウンロードします。

②ポップアップウィンドウで「ファイルを保存」を選択します。

③ダウンロードされたファイルをダブルクリックすると以下のポップアップが表示されます。
bio1.JPG

④次へをクリックしてください。

⑤同意するにチェックをして「次へ」をクリックします。
tete2.JPG

⑥フォルダを選択する必要がなければ「次へ」をクリックしてください。
tete3.png

⑦「インストール」をクリックします。必要なファイルが展開されたので「完了」をクリックしてください。

⑧ThinkPad BIOSの更新にチェックしたまま「次へ」をクリックします。
tete4.JPG

⑨注意が出ますので、作業前指示に従い「次へ」をクリックしてください。
tete5.JPG

⑩AC電源やバッテリーを接続し、作業中のソフトウェアを終了しましたら「はい」をクリックしてください。
tete6.JPG

アップデートが開始されます。

⑪以下の画面が表示されたら「OK」をクリックします。この後自動で再起動が行われます。
tete7.JPG

作業中にファイルの書き換えが行われます。ログオン画面が出るまでは作業中ですので、電源をOFFにしたり、他の操作は行わないでください。(ログオン画面が出るまでは少し時間がかかります)

ログオン画面が出ましたらBIOSアップデートは完了です。

もし、既にアップデートされていたら・・・

以下の画面が表示された場合は、すでにBIOSのアップグレードは完了済みです。
tete8.JPG

~本件に関するお問い合わせ~

eduサポート窓口
小金井キャンパス 西館地下1階 eduサポートセンター(TEL:042-387-6076)
市ヶ谷田町校舎3階 eduサポート室(TEL:03-5228-1401)

2016年9月12日(月) 小金井情報センター

利用ガイド

ソフトウェアの移行について

利用ガイド

出席管理システム

Q&A

困った時はeduサポート窓口へ

授業支援システム

教職員サイトへ

イメージ画像

PAGETOP